福音という名の魔薬


【薬エヴァのネルフ本部組織図】

◎司令部門(総司令官:碇ゲンドウ特将  副司令官:冬月コウゾウ特将補)
├○司令部:指令伝達、ネルフ支部・支局や関係各機関などへの連絡などを行う部署。

├◎事務部門(総責任者:未設定  副責任者:未設定)
│├○総務部:人事、会計、給与、査定…などを担当。
│├○管理部:生活施設や倉庫の管理などを担当。
│├○広報部:情報操作と広報活動、警報の伝達を担当。
│└○調査部:他支部や他組織などから提供されたデータの分析を担当。

├◎研究部門(総責任者:赤木リツコ  副責任者:未設定)
│├○技術部:各種科学技術の開発とMAGIの運用を担当。
│├○施設部:基地施設の建設と修復を担当。
│├○整備部:機械や兵器の整備と製作を担当。
│└○医療部:医療活動全般を担当。直営施設としてネルフ中央病院がある。

├◎軍事部門(総責任者:葛城ミサト二佐  副責任者:カティー・ジーベック中佐)
│├○作戦部:作戦立案、作戦指揮、迎撃設備の操作を担当。
│├○要撃部:使徒などとの戦闘で矢面に立つ実戦部隊。パペットが所属。
│├○保安部:治安維持や要人警護、基地防衛を担当。通常兵力が所属。
│└○諜報部:潜入工作や情報工作などを担当。

├◎特務部門(総責任者:碇シンジ  副責任者:白石ミズホ)
│├○特務部:正式ナンバーのチルドレンが所属。対使徒戦の主力部隊。
│├○営業部:他部門に属さない使徒能力者が所属。
│└○生活部:他部門に属さない使徒能力者以外のシンジの“恋人”が所属。

└◎監査部門(総責任者:山岸ヨシハル  副責任者:加持リョウジ)
 └○監査部:人類補完委員会や他支部から派遣された要員で構成される監査組織。

 中央作戦司令部(発令所を含む中央作戦室の運用要員)は、司令部に各部局から派遣された要員を加えて構成される。
 また、戦術機動部隊は、軍事部門と特務部門から兵力を抽出して形成される。それ以外の兵員は、周辺警戒や民間人の警護や拠点防衛などの任務を担当する。
 なお、特務部門は対外的には存在していないとされており、その構成メンバーの一部は便宜的に他の部局に籍を置いている。



【薬エヴァのネルフ関連施設】

◎ネルフ中央病院
 医療部の直営施設で、ジオフロント内に設置されている。
 チルドレン専用病棟である第一脳神経外科、赤木博士の研究室の別室、日本全土からネルフの持つ技術力に一縷の望みを抱いて集まった重病人が集められた病棟などがある。

◎第3新東京市立第壱中学校
 特務部門の直営施設で、日本のチルドレン候補が数多く集められている。
 テロなどから子供達を守る為に要塞じみた防備を誇っている。
 ちなみに第3新東京市にある学校のうち“第壱”とついている学校はチルドレン候補の為の施設で、小学校から高校まで存在する。

◎第3新東京市立第壱国際学園
 特務部門の直営施設で、世界各国からチルドレン候補が集められている小中高一貫校。
 英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、アラビア語など25ヶ国語に対応可能な講師陣を揃えており、『どこの国から来た子供にでも対応できる』と言うのが売り文句。
 テロなどから子供達を守る為に要塞じみた防備を誇っている。

◎コンフォート17マンション
 特務部門の直営施設で、特務部門の構成員を始めとしたシンジの関係者の大半が居住している。元々は大型マンションなのだが、改装されて巨大な邸宅へと変貌している。
 防御設備は民間施設に毛が生えた程度だが、住人の戦闘力はそれを補って余りある。
ちょっとだけ詳しい説明

◎ダンスホール
 特務部門の直営施設で、元々はロシアの駐日大使も勤めたドカチェフ氏の持ち家。
 第壱国際学園の社交ダンスサークルがダンスホールとして使用している。



目次