2012年03月29日

第二章 革命編    その2      表

ちょっとコレは、ヤバいって言うぐらい環境が酷いのだ。

前の街でもそうだったかが、ココの村でも汚物は普通に道に捨てられている。
さらに、暮らしていて気付いたのだが動物の死体なんかもそのままなのだ。

街とは違って、下が石畳ではなく、土だったため汚物や死体が分解されてくれるのが唯一の救いではあった。

それでも、やはり道に汚物を捨てるのは色々とダメだ。

そしてコレは暮らしていて気付いたのだが、お風呂がないのだ。
これは、流石に驚いた。

風呂なんてモノは、既にあるものだと思っていたのだがないのだ。

オレのイメージでは紀元前には既にあったものだと思っていたのだが、ないと知った時は本当に驚いた。

というより、『風呂はないのか?』と聞いたところ驚いた表情で

「徹様、何があったんですか!?
死のうなんて思わないでください!」

と必死に説得されてしまった。
エヴァちゃんにも話したら

「ならん、ならんぞ!
徹は私のモノなんだからな、勝手に死のうとするな!」

との事…。
いや、別に死のうとしてはいないんだけど、かなり心配させてしまった。

というより、エヴァちゃんに初めて名前を呼んでもらって、ちょっぴり嬉しかったのは内緒だ。

色々と話を聞いてみると、どうやらお風呂というモノは、病にかかりやすい行為であると認識しているらしい。

お風呂に長く入っていると、指がフニャフニャになって不思議だな?
って小さい頃思った記憶がある。

だが、この時代の人にとってはそれだけですまされなかったらしく

『お風呂は、肌が柔らかくなってしまう怖ろしい行為だ』と認識されてしまったらしい。

つまり、そうやって柔らかくなった肌から病原菌が入ってきて、病気になってしまっていると考えていたのだ。

オレはてっきり、香水って肉食文化だったため開発されたモノだと思っていたんだよ。
肉ばかり食べていると、体臭がキツクなるってよく聞くしさ。

でもさ、確かにそれも含まれていたんだろうけど
風呂に入らなかったから、っていうのも理由に含まれているんだろうな。

というか、汚物にしろ風呂に入らなかったりと
ココに来てから、考える問題が清潔関係って一体どういう事だよ…。

しかも、この人達って環境の方は全く気にしないんだよ。

普通は、病気にならないには手洗い、うがい、よく食べて、よく寝るとかが考えられると思うんだよ。
つまり、身体を清潔にして、健康管理をしっかりとするって事だろ?

でもさ、ココの人達って身体を清潔にっていう概念がいまいちないみたいなんだよ。
それどころか、家にネズミがいようが、動物の死骸が普通に道に置いてあろうが気にしないで無視だよ無視。

もう、生活の一部みたいなもんで、居る事に嫌悪感とかが一切ないらしい。

初めて、ドブネズミを見てビビっていたら、女性一同から鼻で笑われてしまったのは良い思い出だ。

これじゃ、病気が流行るのも仕方ないよ。

とりあえず、皆の身体についているノミやダニを何とかして一掃したい。

そういえば、布団を干す理由って日光には殺菌効果があるからだったよな?
たしか、ノミやダニにも効果はあったはず。

間に合わせだが、日光浴で殺菌をさせて、この人達の意識の変化を促していくとしよう。
ついでに、ネコとか飼ってネズミの数を減らして、汚物や動物の死体の処理をどうするか決めさせれば
だいぶ、環境は変わるだろう。

というよりも、コレだけで確実に病気にかかる人の人数が減るだろうな。

そういえば、黒死病っていうのは伝染病らしいから、隔離もさせないとさらに流行る可能性もあるしな。

ん?
というより、オレってこの時代の抗体がなくないか?

そういえば昔の探検家が、土地を発見してソコを探検したら
彼の身体に付着していた菌が大流行してしまって、その土地の人々を死に追いやったって話があったな。
でも、その菌って探検家の出身地域ではただの風邪らしく、そんなに大勢を死なせる様な威力はなかったとか…。

つ〜ことは、オレって少しでも風邪をひいたら一発で死ぬ可能性もあるって事か?

おじいさんのサービスを期待しておくとしよう。
うん、きっとおじいさんはサービスでオレに抗体を作ってくれているはずだ。

そうでも思っていないとやっていられないし。


まぁ〜、とりあえず皆で日光浴をしようと提案したら。
日光浴も、どうやら病気の元らしい…。



アレ?
これ、詰んだ?



posted by まどろみ at 06:56| Comment(0) | 流れて流されてネギまへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。