第弐拾弐話
ヒトらしさ


葬儀の最中で聞こえてくる話。

「仮定が現実の話になった。因果なものだな、提唱して本人が実験台とは」
「では、あの接触実験が直接の原因と言う訳か」
「精神崩壊、それが接触の結果か」
「しかし、残酷なものさ、あんな小さな子を残して自殺とは」
「いや、案外それだけが原因ではないかもしれんな」


「アスカちゃぁん、ママねぇ今日貴方の大好物を作ったのよ、ほら、好き嫌いしてるとそこのお姉ちゃんに笑われますよぉ」
病院で母親を見ているアスカ、そこのお姉ちゃんとはアスカを指している。

病院の医師らしき女性と父親の話し声が聞こえる。
「毎日あの調子ですわ、人形を娘さんだと思って話しかけてます」
「彼女なりに責任を感じているのでしょう、研究ばかりの毎日で娘を構ってやる余裕もありませんでしたから」

「ご主人のお気持ちはお察しします」
「しかし、あれではまるで人形の親子だ、いや、人間と人形の差なんて紙一重なのかも知れません」

「人形は、人間が自分の姿を模して作ったものですから、もし神が居たとしたら我々はその人形に過ぎないのかもしれません」
「近代医学の担い手とは思えないお言葉ですな」

「私だって医師の前にただの人間、一人の女ですわ。あっ、ぁん」


墓標の前で血縁者らしきおばあさんが泣きながら話しかけてくる。

「偉いわねアスカちゃん、いいのよ我慢しなくても」
「いいの、あたしは泣かない、あたしは自分で考えるの」

猿のぬいぐるみを抱き泣いているアスカ。

「ウェェェーーーン、ヒック、ェェーーッン」

(なんであたし泣いているんだろう、もう泣かないって決めたのに)


引き裂かれるぬいぐるみ。

「どうしたんだ?アスカ、新しいママからのプレゼントだ、気に入らなかったのか?」
「いいの」

「何がいいのかな?」
「あたしは子供じゃない、早く大人になるの、人形なんてあたしには要らないわ」

「だからあたしを見て、ママお願いだからママを止めないで」
「一緒に死んでちょうだい」

「ママ、お願いだからあたしを殺さないで!嫌!あたしはママの人形じゃない!自分で考え自分で生きるの!パパもママも要らない一人で生きるの」
「アスカちゃん、一緒に死んでちょうだい」

「一緒に死ぬわママ、だからママを止めないで、ねぇママ!」

「ママーーーーーーーッ!!」
自分の叫び声でアスカは目覚めた。

「怖い夢を見たのですね」
アスカはマユミに抱締められていた。

横ではマナが優しくアスカの背中を撫でている。

アスカはマユミの胸に顔を埋めた。

人に縋る事を良しとしなかったアスカも今では甘えられる。
いや、この二人には漸く甘える事が出来る様になったのだ。

アスカは心地良い温もりの中、再び眠りについた。
マユミとマナは、そのまま一緒にアスカと寝る事にし、3人は抱き合って眠りに付いた。



発令所は珍しく明るい声が響いていた。

ミサトとマヤが発令所に復帰したのだ。
未だ三角巾で右手を吊っているマヤだが、久しぶりに訪れた発令所の皆が暖かく迎え入れてくれたので笑顔を取り戻している。

ミサトは以前と違い、どことなく落ち着きを持った雰囲気なのだが、病上がりのため覇気が無いのだろうと不審に思う者は居なかった。

「ごめんね、日向君、大変だったでしょう?」
「いえ、葛城さんが復帰しても困らない様に頑張りました」
ミサトに優しい声を掛けられたマコトは有頂天である。

「まだ、右手が完全ではないので足手纏いになると思いますが、また宜しくお願いします」
ペコリと頭を下げるマヤ。

「心配要らないわよマヤ。貴女は片手でもそこら辺の人達より速いんだから」
マヤはリツコにそう言われ頬を染める。

そんな光景を微笑ましく見ているシゲル。

ここ最近、発令所では無縁だった和やかな雰囲気に包まれていた。


「これで漸く元に戻ったな」
「ゲンドウさんがまだですわ」
台上で冬月とユイが言葉を交わしていた。

「奴は元々居ても居なくても変らんよ」
「冬月先生ったら」
冬月はそんなユイとの会話に年甲斐もなく顔を綻ばせている。

階下では笑い声が響いていたが、久しぶりの事なので冬月もユイも諫める事はせず、微笑んで状況を観ていた。



「ふぅ〜っ」
マヤは休憩所で溜息を吐くと自販機で買ったココアを両手で包む。
右手は三角巾に吊られているため少し左脇に寄った形で持っている。

久しぶりの発令所のため緊張していたのだ。

ココアから立ち上る湯気をボーッと眺めているマヤの視界に人影が過ぎる。
何の警戒心も無く、そちらを向いたマヤは引き攣った。

「ひっ!」
そこに立っていたのはシンジとレイ。

「シ、シンジ君にレイちゃん・・・」
なんとか声を出したがシンジとレイはじっとマヤを見ているだけだ。

「あっ、ほ、本当にごめんなさい。許されるとは思ってないけど、本当に悪かったと思ってます」
マヤは思い出した様に立ち上がるとシンジとレイに向かって頭を下げた。

そんなマヤの右肩をシンジは掴む。

「ひっ!ご、ごめんなさい」
マヤは泣きべそを浮かべ謝るが、膝が震え椅子に倒れ込む様に腰掛けてしまった。

するとマヤの右肩が暖かさに包まれる。

「ひぃっ!」
状況を理解できないマヤは、恐怖の余り、失禁してしまった。

「腕は以前通り動く様になると思います。貴女の罪は、その潔癖性にある」
「な、なんの事?」
マヤは涙を流しながらもなんとかシンジに対応した。

「僕達を戦いの場に出しているのに、自分の手を汚す事を良しとしない」
シンジはそう言うと、その場を去って行った。

マヤは涙で顔をぐしゃぐしゃにしながらその場にへたり込む。
そして辺りが自分の尿で濡れて居る事に気付き顔を紅くして急いで掃除用具を持ってきて掃除した。

「あれ?」
その時に右手が今までよりスムーズに動く事に気付き、三角巾を取って動かしてみる。

「治ってる・・・」
マヤの右手は今までの様に動かすのに意識を集中させる必要なく、引き千切られる以前の様に軽やかに動いた。

着替えるために更衣室に入り、濡れた下着とスパッツを脱ぎさる。
換えの下着を履き、制服も新しい物に着替えようと上着も脱ぎさった。

その際、右肩の部分を見ると、そこにあったはずの傷跡が綺麗に無くなっている。

「どういう事?・・・」
マヤは暫く下着姿のまま呆然としていた。



ミサトは久しぶりに我が家に戻った。

何週間も放置していた割には綺麗に片づいており、埃もそれ程溜まっていない。
きっと加持がペンペンに餌をやりに来る片手間に掃除していたのだろう。

「ただいまぁ」
「ペンペン!よかった生きていたのね」
「クェ〜」
ペンペンはミサトに抱締められ苦しそうだ。

「今、食事をあげるからね」
そう言って、ミサトは帰りに立ち寄り買ってきたコンビニの袋から生魚を取り出しペンペンに与た。

「クエェ〜」
嬉しそうに食べるペンペンの頭を撫でてミサトは穏やかに微笑んだ。

ふと留守電のランプが点滅している事に気付く。

「葛城、俺だ、多分この話を聞いている時は君に多大な迷惑を掛けた後だと思う。すまない。リっちゃんにもすまないと謝っておいてくれ。後、迷惑ついでに俺の育てていた花がある、俺の代りに水をやってくれると嬉しい。場所はジオフロントのG-7地区だ。葛城、真実は君と共にある。迷わず進んでくれ。もし、もう一度逢える事があったら8年前に言えなかった言葉を言うよ、じゃぁ」

『午後零時2分です』
留守番電話の無機質な音声が流れる。

「馬鹿」
ミサトは一言呟くと涙を一筋流した。



「先輩!」
「何?ノックもしないで」
マヤはリツコの執務室に駆け込んで来た。

「あっすみません、でも先輩!これ見てください」
そう言うとマヤは制服の上着を脱ぎさる。

マヤらしい清楚なブラジャーを隠す事もなくリツコに迫るマヤ。

「な、マヤ?何をするつもり」
「えっ?何をって、これを見て貰いたいんですけどぉ」
マヤはリツコの言ってる事が理解できず、自分の右肩をリツコに見せつけた。

「き、綺麗な肩ね・・・えっ?」
リツコは漸くマヤの言いたい事が理解できた。

リツコもクローン技術の導入による治療に従事していたためマヤの傷跡は何度も見ている。
それも縫合したばかりの生々しい傷跡から見ていた。
つい最近抜糸した時も立ち会っていたのだ。

しかし、その傷跡は跡形もなく消え去っている。

「一体、どうしたの?」
「それが、シンジ君に・・・」
マヤはシンジとの出来事をリツコに話す。

「そう、そんな事があったの・・・」
もっと驚くと思っていたマヤは少し肩透しを食った様な気になった。

「先輩、シンジ君って一体・・・」
「マヤ、シンジ君は他に何か言ってなかった?」

「えっ?えっとぉ私の罪はその潔癖性にあるって言ってました」
「そう、やっぱりそうなのね」

「先輩?」
「マヤ?これから話す事は他言無用よ、そして貴女もこれからどうするか真剣に考えなさい」
リツコのその真剣な眼差しにマヤは鍔を飲み込む。

「その話、私も聞かせて貰って良いかしら?」
「きゃっ!」
突然掛けられた声にマヤは慌てて前を隠す。

「ミサト!ノックしなさいって何時も言ってるでしょ!」
「ゴミンゴミン、なんかマヤちゃんが妖しげな格好してたからつい声を掛けそびれてね」

「ノックすればそんな事を考える必要もなかったわよ」
「タハハ、それよりその他言無用の話、私にも聞かせてくれるわよね」

ミサトの何時にない真剣な表情にリツコは誤魔化す事を諦めた。
加持が居なくなった今、戦自が攻め込んできた時の対応をミサトに考えて貰わなければならない。
少し予定より早くなっただけだと、リツコは態度を切り替えた。

「解ったわ、だけど、途中で茶々を入れたりしないでね」
「解ってるわよぉ〜信用無いわねぇ」
ミサトの態度にマヤは(当然ですぅ)と心の中で呟く。

「まずシンジ君ね。彼は普通の人間ではないわ」
リツコは二人を見つめる。

もっと驚くかと思っていたのだがマヤもミサトも頷いただけだった。
少し拍子抜けしたリツコだが気を取り直して話しを進めた。

「レイは、リリス」
「えっ?レイちゃんも人間では無いのですか?」
マヤは反応したが、ミサトはやはりじっと聞いているだけだった。

「元々レイは初号機に取り込まれたユイさんをサルベージした時に出てきたと私は聞かされていたわ、そしてサルベージを繰り返す度に出てきたのがレイの素体」

「待ってリツコ、まずリリスと次ぎにレイの素体について説明してくれる?」
来たかとリツコは思ったが予想外にミサトの反応が論理的な事に驚いた。

今までのミサトならここで「レイの素体ってどういう事?!リリスって何なの?!」と突っ掛って来たはずだ。

「リリスとは南極とアダムと対をなす者、南極が白き月と呼ばれ、ここ第三新東京市は黒き月と呼ばれ、南極のアダムに対し、ここにリリスは存在していたわ」
二人は黙って聞いている。

「リリスのダイレクトコピーとして造られた初号機、そこからサルベージされたのはユイさんではなくリリスの魂の欠片を持ったレイだったの。そして何度もサルベージを繰り返しても出てきたのはレイと同じ身体、でも魂が入っていたのは最初のレイだけだった」

「そのレイの抜け殻とも言うべき物を破棄できず、LCLに漂わせていたところ、一人目のレイが死亡、その魂はLCLの中の素体に移ったらしいわ」
「それって・・・」
マヤが驚愕の声を上げる。

「そして零号機の起動実験失敗の後、身体を保てなくなったレイはリリスと残りの素体と融合し今の身体となったと言っていたわ」
「レイ自身から聞いたと言うの?」

「そうよ」
「全く、今まで謀っていたのね」

「悪かったわ、でもね問題はそんな処ではないの」
「シンジ君ですね」
流石にマヤは飲み込みが早かった。

「私は彼に記憶を戻されたの」
「記憶?」

「そう、記憶としか形容が付かない。その記憶ではシンジ君は報告書通りの内気で内罰的な少年だったわ」
リツコはそれから、自分の記憶の中の出来事を延々と綴った。

ケイジで怯えながら、重傷のレイを見た事により初号機に乗ったシンジ。
クラスメートをエントリープラグに入れ突進したシンジ。
ヤシマ作戦でレイが盾となり、シンジが2発目で殲滅した事。
分離する使徒のためのアスカとのユニゾン訓練。
等々、大凡、今のシンジからは信じがたい行動である。

そして、参号機にはトウジが乗っており、ダミープラグで殲滅した事によりシンジが本部を破壊しようとした事。
ゼルエル戦時には400%のシンクロ率となり一月程取り込まれており、更には使徒を食べてS2機関を取り込んでいた事。

「そう、彼は一体なんなのかしら?」
「それは解らないわ、彼自身も解っているのかは不明、ただ彼は力と記憶を持っている。そして同じ轍は踏まないようにしているのは確かね」
そう言いながらリツコは煙草に火をつけた。

煙を深く吸い込み、ゆっくりと吐き出す。

「はっ!私としたごとが何て事!」
「どうしたの?リツコ」
慌てて端末を操作するリツコをミサトが心配そうに見る。

「やっぱり!何て事なの!」
「説明してくれる?」
ゆっくりと諭す様に言うミサト。

「この間、アスカが暴漢に襲われたのよ、その時に一緒に居た子達」
「暴漢って諜報部は何をしてたの?」

「副司令の捜索で護衛が手薄になっていたらしいわ」
「一緒に居た子達がどうかしたんですか?」
マヤが話しの先を促す。

「私の記憶では、一人は戦自にN2で溶かされた、一人は使徒の魂を持って居た、そして一人はフォースチルドレンとなるはずだった子の彼女」
「一つずつ説明してくれる?」

「まずJAの完成パーティで私の記憶ではトライデントは来なかった。そしてトライデントを使って脱走した少年兵達、それが戦自の証拠隠滅のためN2で溶かされた」
「なんて事を・・・」

「測定値の幾つかがゼロを示す使徒、それは人間の身体にコアを隠していた、そのコアを隠されて居た娘、そしてミサトではなく参号機にフォースチルドレンとして乗るはずだった男の子の彼女」
「それってどういう事なのかしら?」

「ちょっと待って」
リツコはまた慌ただしく端末を操作する。

「何て事・・・」
「どうしたの?」

「アスカがNERVを退職して今、住んで居るところ、そこにフォースの彼女以外の子達は一緒に住んでいるわ」 「それって・・・」

「アスカやその子達も記憶を持ってるのかもしれない」
「何故そう思うの」

「私の記憶ではアスカはシンジ君を八つ当たりの対象にしていたのよ、ミサトの家に3人で住んでね」
「わ、私の家?」

「そうよ、そしてシンクロ率をシンジ君に抜かれた後、なし崩しに壊れて行ったわ」
「壊れて・・・」

「シンジ君ってもしかしたら不幸になった人達を救っているのかもしれませんね」
マヤが自分の価値観で物を言う。

「どうかしら?そんな神々しい物はシンジ君からは感じられないわね」
「どちらかと言うと邪神よね」

言い得て妙だとリツコは思った。

「私も記憶を戻して貰おうかしら」
「無理ね」

「なんでよぅ〜?」
「シンジ君達は特に自分達に危害がないと何か行動を起こす事はないわ、でも貴女と私達は例外なのよ」

「そう、よっぽど酷い事をしていたのね」
「そうね」

「シンジ君は断罪を望んでいるのかしら?」
「いえ、私は贖罪だと思うわ」

「どう言う事ですか?」
「彼が自ら手を下す事はよっぽどの事よ、それに起こって居ない事に対し断罪する気もないみたいね」

「解りませぇん、どう言う事なんですか?」
マヤが涙目で訴える。
そこがマヤの一番リツコに助言を貰いたかった処なのだ。

「貴女はシンジ君に潔癖性が罪だと言われたのでしょ?そう言う事よ。自分に降りかかる火の粉は払う、でも基本は因果応報ね。放っておけばNERVは戦自に攻め込まれ壊滅するわ」
「成る程、自ら手を下す必要はなく、その結果は私達の取る行動に委ねられている。でも力があるから自分達に危害を加える事は許さないって事か」

「あら?ミサトにしては物分りが良いわね」
「どう言う意味よぉ」

「そのままよ」
「で、解っているんだから手を拱いて殉じる気は無いんでしょ?」

「えぇ、そのために戦自が攻めて来た時の事を貴女にお願いしたいわ」
「解ったわ、任せておいて」

「ゼーレの方は様子をみつつ私が情報をリークするわ、今のところ不確定要素はユイさん」
「何故?」

「私の記憶に居ないからよ」
リツコの言葉にミサトとマヤは顔を見合わせる。

実質NERVの中核である3人の女性が結託した。



発令所は久しぶりに慌しく動いている。
片腕を失いながらもゲンドウも復帰していた。

『総員第一種戦闘配置、対空迎撃戦用意』

「使徒を映像で確認、最大望遠です」
シゲルが報告する。

メインモニタには、衛星上に見える光りの羽の様な使徒の映像が映し出されている。

「衛星軌道から動きませんねぇ」
「ここからは一定距離を保っています」
マコトとシゲルが見たままを報告した。

「って事は、降下接近の機会を伺っているのか、その必要もなくここを破壊できるのか」
「こりゃ迂闊に動けませんね」
ミサトの解析に振り返りマコトが言葉を掛けた。

マコトは最近のミサトに新たな羨望を見出している。

「どの道、目標がこちらの射程距離内に近付いてくれないとどうにもならないわ、エヴァには衛星軌道の敵は迎撃できないもの。チルドレン達は?」
ミサトが穏やかに状況分析し、シンジ達の現状を尋ねた。

「初号機、零号機共に順調、行けます」
マヤが報告する。

マヤはすっかり以前のキーボード捌きを復活させており、素早く準備を終えている。

「了解、初号機発進!超長距離射撃用意!、零号機はバックアップとして発進準備」
ミサトが指示を出す。

降りしきる雨の中、初号機が射出された。
ポジトロンライフルを構え、照準を合わす初号機

「目標未だ射程距離外です」
その時、初号機に向かって一筋の光が使徒から放たれた。

雨の降り注ぐ中一筋の煌めくその光は、神の啓示の様にさえ映る。

「敵の指向性兵器なの?!」
ミサトが叫ぶ。

「いえ、熱エネルギー反応無し」
シゲルが解析結果を報告する。

「心理グラフが乱れています。精神汚染が始まります!」
マヤが叫ぶ。

「使徒の心理攻撃?やはり使徒は我々を知ろうとしている」
リツコが記憶と同じ映像に自分の考えに確信を持った。

「零号機発進!シンジ君を援護して!」

『・・・了解』

零号機が、陽電子砲で応戦する。
『陽電子消滅!』

「駄目です。射程距離外です」
シゲルの解りきった報告。

しかし、ミサトもリツコも焦りを感じさせない。
そんな二人にオペレータ達は頼り甲斐を感じ、ゲンドウの隣にいるユイは異質な物を感じていた。

「光線の分析を!」
為す術が無いと思われる中に飛び交うミサトの指示。

「可視波長のエネルギー波です。ATフィールドに近いものですが詳細は不明です」
マコトが分析結果を報告する。

「危険です。精神汚染Yに突入しました!」
マヤが叫ぶ。


シンジの中では、様々な過去が映し出されていた。

エントリープラグで溺れているように見えた母。
駅に置き去りにされる自分。
厄介者扱いされてプレハブの部屋を与えれた自分。
学校で虐められていた自分。

前回の情けない自分。
紅い世界・・・
アスカの首を絞める自分。

レイを痛めつけ愉悦に浸る自分。
還って来たシンジ。
何も知らない大人達を嘲り笑っている自分。

(そんなに僕の事が知りたいの?・・・)

サードインパクトで自分を見せつけられていたシンジにとってこれは2回目の事。
免疫が有り、壊れているとは言え達観しているシンジには意味のない攻撃だった。

ニヤリとする、そんなシンジの深層心理に使徒は恐怖を覚える。
しかし、そんな事は、発令所では解らない。

「レイ、ドグマに降りて槍を使え」
ゲンドウが指示を出した。

「ロンギヌスの槍をか?碇・・・」
冬月が心配そうにゲンドウに呟く。


「碇、早すぎるのではないか?」
「・・・老人達が量産機の建造に着手した。チャンスだ冬月」

「しかし、ゼーレが黙っていないぞ」
冬月がゲンドウに進言する。

「ゼーレが動き出す前に可能性は潰しておく必要がある」
「かといって、老人達に無断で槍を使うのはまずいぞ」

「・・・理由は存在すればいい」
「理由?お前が欲しいのは口実だろう」
ゲンドウはニヤリと笑うだけだった。


「パイロット危険です」
「パイロットの生命維持を最優先させて!」
マヤの報告にリツコが慌てて指示を出した。

「・・・碇君!」
ドグマから出てきたレイは初号機の様子を見て叫んだ。

初号機は苦悩に打ち拉がれるように頭を抱え蹲っている。
レイは、槍の投射準備に入り急いで槍を投げ放つ。

槍は衛星軌道上の使徒を巻き付けるように使徒を通過していき、使徒は槍の軌跡と共に消え去った。

「パターン青消失、使徒消滅しました」
シゲルの言葉と共に初号機は崩れ落ちた。

「碇君!」



続きを読む
前を読む
戻る


新世紀エヴァンゲリオンは(c)GAINAX の作品です。
拙著は当該作品を元に作成した代物です。
inserted by FC2 system